利用規約

第1条(定義)

本規約において使用する用語をそれぞれ以下のとおり定めます。
(1)「本規約」とは、ユーザ規約及びこれに関連して定められる各種規則・ルール・ガイドライン等の総称を指します。
(2)「当社団」とは、「一般社団法人アジア教育交流促進協会」を指します。
(3)「本試験」とは、「日本語コミュニケーション能力試験」(略称「JLCAT」)を指します。
(4)「本サイト」とは、本規約に従ってユーザ登録することにより利用することのできる当社団が運営する、JLCATマイページサイト内のコンテンツの総称をいいます。
(5)「サービス」とは、本サイトで提供される各種サービス及びこれに関連するコンテンツの総称をいいます。
(6)「ユーザ」とは、本規約に同意の上、本サイトを利用するために所定の方法により本サイトのマイページ(利用者)登録をした個人をいいます。
(7)「第三者」とは、当社団およびユーザ以外の者をいいます。

第2条(本規約の適用)

本規約は、全てのユーザに適用され、本サイトのマイページ(利用者)登録手続時および登録後のサービスのご利用時における当社団とユーザとの一切の関係について適用されます。
当社団は、本規約をユーザの了承を得ることなしに変更することができます。その変更は、当社団が本サイト上で表示した時点より、効力を持ちます。
当社団は、本規約を具体化しまたは補足するための規則を自由に定め、改定し、本サイト上の個々のページにおいて表示することができます。それらの規則は、当社団が本サイト上で表示した時点より、本規約の一部を構成し、ユーザはこれを遵守するものとします。

第3条(運営方針)

当社団は、ユーザが安心して便利にサービスを利用するために、本サイトを以下の方針で運営します。
(1) 当社団は、虚偽または不快な情報の送信、第三者の名誉・プライバシーの侵害その他の権利・利益を害する一切の行為に対し、厳正な態度で臨みます。
(2)本サイト上において、当社団は、個々のサービスを自由に設置し、内容を決定・変更し、一時停止することができます。
(3)当社団は、ユーザに対し、本サイトを運営するために必要な通知・連絡等を、電子メール・郵便・電話・その他の方法により行うものとし、ユーザはこれを適宜確認するものとします。

第4条(料金)

本サイトのマイページ(利用者)登録は無料で行うことができます。
(2)本サイトへのマイページ(利用者)登録および本サイトの閲覧、サービスの利用の際、ユーザと通信会社およびプロバイダとの契約に基づく通信料およびインターネット接続料が発生します。当該料金および通信機器等の費用、その他本サイトを利用するために必要となる全ての費用は、ユーザの負担となります。
(3) 本サイトのマイページ(利用者)登録後、本試験に出願・受験する際には、別途定める受験料の支払いが必要です。

第5条(当社団の免責事項)

当社団は、下記の事項およびそれに起因する損害について、一切責任を負いません。
(1)本サイトまたはサービスの変更、一時停止、廃止
(2)本サイト内外での第三者との紛争・トラブル
(3)通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの毀損・消失、データへの不正アクセスにより生じた損害ついて、当社団は一切責任を負いません。
(4)当社団は、ハッキングその他の不正アクセスによりユーザに被害が生ずることのないよう、合理的な措置を講じます。これらの措置にもかかわらず不正アクセスが行われユーザに損害が生じた場合には、当社団は責任を負いません。
(5)当社団は、本サイトにおいてユーザに提供される情報(他のユーザが提供する情報を含みます)の正確性、信頼性および有用性を保証するものではありません。情報の利用にあたっては、ユーザは自らの判断と責任において行ってください。

第6条(個人情報の取扱い)

当社団は、本試験の運営にあたりユーザから取得するユーザに関する個人情報をプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱います。

第7条(ユーザ登録)

当社団は、ユーザ登録に際し、次の各号のいずれかに該当する場合は、当社団の判断によって登録を承諾しないことがあります。
・本利用規約等に違反するおそれがあると当社団が判断した場合
・当社団に提供された情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
・過去に当社団から会員登録を取り消された者による会員登録の申請である場合
・反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社団が判断した場合
・その他当社団が不適切と判断した場合

第8条(アカウント)

ユーザには所定のアカウントが設定されるものとし、ユーザは、登録したメールアドレスおよびパスワードを使用して設定されたアカウントを利用することができます。
ユーザは、次の各号の定めにも従いながら、自身のアカウントを不正に利用されないように厳重に管理しなければなりません。万一、ユーザのアカウントが第三者に利用された場合でも、当社団は、アカウントを利用して行われた一切の行為を、ユーザ本人の行為とみなすことができるものとします。
尚、ユーザは、マイページID、マイページパスワードの使用と管理について自ら責任をもつものとします。これに反したことにより、ユーザに何らかの損害が発生した場合、当社団は一切責任を負いません。
(1)容易に第三者に推測されないパスワードとすること
(2)登録したメールアドレスおよびパスワードを第三者に開示しないこと(3)複数の者が使用するデバイス上で本試験を利用する場合には必ずログアウトすること
(3)ユーザは、自らが管理する使用可能なメールアドレスを登録しなければならず、登録したメールアドレスが使用できなくなった場合には、登録内容を変更し、自らが管理する使用可能な別のメールアドレスを登録するものとします。
(4)ユーザは、本試験の利用に際してご自身に関する情報を登録する場合には、真実、正確かつ最新の情報を当社団に提供しなければならず、また、常に最新の情報となるように修正するものとします。

第9条(退会)

ユーザが退会を希望する場合には、当社団所定の方法により退会の申出を行うものとします。当社団は、次の各号のいずれかに該当する場合には、当社団の判断によって、あらかじめユーザに通知することなく、ユーザを強制的に退会させて本試験の利用をお断りすることがあります。
(1)会員が本利用規約等に違反し、またはそのおそれがあると当社団が認めた場合(2)・その他当社団が必要と認める場合
(3)前項のほか、当社団は、最終のアクセスから2年間以上経過しているアカウントを、あらかじめ会員に通知することなく削除することができます。
会員の退会によりアカウントが削除された場合には、登録情報その他アカウントに紐づけられたデータの復旧はできません。
ユーザは、ユーザの退会により、当社団が提供する全てのサービスに関する権利を全て失効するものとします。

第10条(利用環境の整備)

ユーザは、本試験を利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。なお、ユーザが未成年者である場合は、親権者など法定代理人がユーザに使用を認めたものをご使用ください。
ユーザは、自己の利用環境に応じて、コンピュータウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じます。
当社団はユーザの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第11条(コンテンツに関する権利)

本試験およびこれに含まれるすべてのコンテンツ、その他の情報および本試験に関するすべての知的財産(以下「当社団コンテンツ」といいます。)は、当社団および当社団に対するライセンス許諾者に帰属します。
ユーザは、本利用規約等に明記されるものを除き、当社団の許諾を得ることなく、利用、翻訳・本案、複製、公衆送信、販売、ライセンス許諾その他の方法により当社団コンテンツを利用してはならないものとします。

第12条(問題・採点基準の非開示)

問題、ならびに採点基準は一切を非開示とします。
当社団は、スコアレポートで提供する以上の問題別の正誤情報、Writing、Speakingパートの解答への個別添削等には応じません。

第13条(受験中のトラブルに関する受検権利の取り扱い)

当社団は、本サービスに原因のあるシステムトラブル、ならびに「JLCAT」システムを配信する設備等の不備が原因で受験を完了できなかった場合、受験のやり直しを認め、無償で再受験の権利を付与します。
尚、当社団は、以下事項については、再受験権利の付与を認めません。
(1)自宅受験にあたり、意図的にPCの電源を切る、設定を変更する、カンニングをする、第三者による替え玉受験をする等の行為を行った場合
(2) 自宅受験にあたり、受信したログイン情報、ならびに受験前のチュートリアル、ならびに受験時に表示される各種ガイダンスを確認しなかったことにより、適切な操作ができなかった場合
(3)ユーザ事由により遅刻、もしくは欠席した場合
(4)自宅受験において当社団が推奨する環境以外の環境で受験した場合、ならびにユーザの準備した環境起因で受験を正常に完了させられなかった場合
(5)有効期限内に、受験を行わなかった場合
当社団は、第1項及び第2項に起因する、不正及び不具合に関連するユーザからの個別の調査・対応連絡には一切応じません。

第14条(禁止事項及び受験資格の取消)

ユーザは、本試験の無断転載及びコンテンツを侵害する、または侵害するおそれのある行為をした場合、当社団は、事前に通知することなく、強制退会、受験資格取消等の措置を行うことができるものとします。

第15条(免責)

本試験を利用したこと、本試験を利用できなかったこと、不正アクセスや不正な改変がなされたこと、他のユーザを含む第三者の行為その他本試験に関連する事項に起因または関連してユーザや第三者に生じた損害に関し、当社団は損害賠償責任を負わないものとします。

第16条(ユーザへの情報提供および連絡方法)

当社団は、ユーザに対して新サービスの告知、アンケートの実施、広告配信、本試験運営上の事務連絡およびその他の情報提供を行うことがあります。
当社団からユーザへのこれらの連絡は、本試験サイト内の適宜の場所への掲示、ユーザの登録したメールアドレスに対するメールの送信、その他当社団が適当と判断する方法により行います。
本試験に関するユーザから当社団への通知・連絡は、本試験内に設置するお問い合わせフォームの送信または当社団が指定する方法により行うものとします。

第17条(準拠法)

本利用規約等に関する準拠法は日本法とし、同法に従って解釈されるものとします。

第18条(管轄裁判所)

本利用規約等に関し、ユーザと当社団の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年4月1日 改訂